言いたいことがある

アクセスカウンタ

zoom RSS 《日々折々》 ウインドウズ10自動更新騒動

<<   作成日時 : 2016/07/28 17:26   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 障害者の教育権を実現する会という市民運動団体が月刊『人権と教育』という機関紙を発行している。
⇒『人権と教育』へのリンク
 これの「日々折々」というコーナーに、編集部からの依頼で年に4〜5回くらい、短い文を掲載している。
 以下は7月20日発行の『人権と教育』499号に寄せた文である。
             ---------------------


 私はウインドウズ7を使っている。
6月、議会の質問原稿を作っていて、ちょっと席を離れて戻ったら画面に『ウインドウズ10へのアップグレード中』という表示が出ていて本当に驚いた。

 以前から『10』へのアップグレードの予約画面が頻繁に表示されて、そのたびに消していた。
友人のSE(システムエンジニア)さんから、勝手に自動更新されることがあるから要注意だと聞いてはいたが、まさか自分のパソコンでいきなり始まってしまうとは思わなかった。
途中でストップさせることもできず、あきらめてそのままにしておく他なかった。

 しばらくして戻ってみたら『10へようこそ』と表示されていた。

 私はMS(マイクロソフト)以外に、ワープロは一太郎、ファイル管理ソフト、画像処理編集ソフト、複数の点字編集ソフトなどを使っていて、『10』では動かないものもある。
『7』のままで操作性に問題はなかったから、“アップグレード”するつもりはまったくないので、『ようこそ』と言われても困る。
あわててSEさんに来てもらい、『7』の環境を復元してもらって事なきを得た。
(この原稿はウインドウズ7で、一太郎2011を使って書いている)。

 視覚障害者はパソコン画面を目で見ながら操作することが困難だ。
そこで、立ち上げから、ワープロソフトでの文章作成、メールの送受信やウエブの閲覧など、画面を音声で読み上げてくれるソフトを使っている方が多い。

 ところがある日、市内の視覚障害者から立て続けに2件のSOSが入った。
パソコンが急にしゃべらなくなった、何がどうなっているのかわからないという。
行ってみると、やはり勝手に『10』に更新されていて、今まで使っていた読み上げソフトが機能しない状態になっていた。
視覚障害者にとっては音声が頼りだから何が起こったのかわからなければ立ち往生するしかない。
幸いにも件のSEさんに頼んで元に戻すことができたのだったが、MSのこんなやり方がどうして許されるのか。
                       猪股和雄 (久喜市議会議員)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
《日々折々》 ウインドウズ10自動更新騒動 言いたいことがある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる