言いたいことがある

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり、個人番号を書く必要はない

<<   作成日時 : 2016/10/03 13:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月20日のホームページ『議員も個人番号の提出を求められたが…』を書きました。
【⇒参照リンク】
 議員報酬に関する税務手続きのために、議員の個人番号を市に提供するように求めるという依頼があったのだが、私は個人番号を書かないことにしているので、「提供しません」と断りました。
 その後、議会事務局職員から「個人番号を提供してください」と重ねての依頼がありました。

 議員が提供した個人番号がどのように扱われるのかを職員に聞いたり、他にも調査してみたところ、やっぱりこちらから提供する必要はないことがわかりました。

 議会事務局によると、
(1)各議員が提出した「個人番号入力シート」を、議会事務局職員が通知カードまたは個人番号カードと照合して番号を確認
(2)「シート」をそのまま出納室へ提出して、財務会計システムに番号を入力し、「シート」は出納室のカギのかかる収納庫(金庫?)に保管
(3)税務署に提出するのは年に1回で、今年度末に確定申告といっしょに議員の個人番号もまとめて税務署に提出
(4)その際、個人番号を提供しなかった議員は、「非提供者」として税務署に報告する
(5)税務署はその後に、J−LIS(地方公共団体情報システム機構)から個人番号の提供を受ける

 ということで、やっぱりこちらから個人番号を提供しなくてもまったく問題なく、勝手に手続きが行われることがわかりました。(勝手に記入されるのは嫌な感じですが、やむを得ません)。

 私は個人番号制度に反対ですが、賛成・反対に関係なく、すでに個人番号全国民に割り振られていて、これまでに税や社会保障の個人情報処理に利用されています。
 その際、申請書類などに個人番号の記入を求められることになりますが、自分で書かなくても役所の方で個人番号を調べて記入する仕組みになっています。

 国税庁のホームページには、「法定調書などの記載対象となっている方全てが個人番号をお持ちとは限らず、そのような場合は個人番号を記載することはできませんので、個人番号の記載がないことをもって、税務署が書類を受理しないということはありません」とも書かれています。

 なお、久喜市議会では数人の議員が個人番号の提供をお断りしたそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
やっぱり、個人番号を書く必要はない 言いたいことがある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる