アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「選挙」のブログ記事

みんなの「選挙」ブログ


女性議員を増やすことに反対ですか?

2017/07/03 18:21

 6月市議会に、市民の政治を進める会が「国政・地方選挙における供託金制度の見直しを求める意見書」、「政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書」、共産党が「核兵器禁止条約の制定に積極的な役割を果たし条約参加を求める意見書」を作成した。

 他の会派にも呼びかけたのだが、結果的には3件とも新政と公明党の協力は得られないで、市民の政治を進める会と共産党の共同提案となった。

 「政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書」は、川辺議員が提出したものである。
 6月28日の最終日に本会議で、新政の成田議員だけが質疑を行い、採決の結果、賛成11、反対15で否決されてしまった。

 賛成⇒市民の政治/川辺、猪股、田中、共産党/渡辺、石田、杉野、平間、新政/成田、大谷、春山、園部
 反対⇒新政/貴志、新井、平澤、宮崎、富沢、並木、山田、鈴木、井上、岸、公明党/丹野・岡崎・斉藤・矢崎・戸ヶ崎

 新政の中で賛否が分かれたのだが、女性議員は3人とも賛成、男性では園部議員だけが賛成で、公明党は女性議員も男性議員も反対にまわった。
 新政も公明党も反対討論を行わず、なぜ反対なのか理由を明らかにしなかったので、どうしてこの意見書に反対できるのか、どうしてもわからない。
 まさか、女性議員を増やそうとすると、現職議員の座が危うくなるなんて心配しているわけでもあるまいが…。

     ---------------------------------------

   政治分野への男女共同参画を推進するための
           法整備を求める意見書(案)

 今年は女性参政権行使から71年になる。
しかし、列国議会同盟(IPU)の世界女性国会議員データ(2016年11月1日現在)によると、世界全体で女性議員の割合は、下院23.0%、上院22.4%であるが、日本は衆議院9.3%(193カ国中159位)、参議院20.7%(77カ国中41位)と極めて低い現状にある。

 自治体議会においても、都道府県議会議員のうち女性議員は263人(9.9%)、市区町村議会議員のうち女性議員は3,907人(12.9%)(総務省調査、2016年12月31日現在)にすぎず、女性議員が一人もいない「女性ゼロ議会」は、20.6%(市川房枝記念会女性と政治センター調査、2015年6月現在)にも上っている。

 社会経済情勢が大きく揺れ動き、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)、少子化、高齢社会、社会保障、食糧・環境問題など重要な政治課題について、公平で持続的な施策が求められるなか、政策決定の場に女性の参画は不可欠である。また、現政府は、女性の活躍推進を大きく掲げており、女性議員の増加はまさに焦眉の課題にほかならない。

 諸外国に目を向けると、女性の議員を増やすための法制度を整備している国々は、目覚ましい効果をあげており、日本も学ぶべきである。よって、国会及び政府に対し、下記の事項を要望する。

     記

一、 国・自治体の両議会において、女性議員の増加を促し、政策の立案・決定に男女が共同して参画する機会を確保する「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」を速やかに進めること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

                    久喜市議会

(提出先)
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣あて
法務大臣
内閣府特命担当大臣(少子化対策、男女共同参画)
内閣府特命担当大臣( 地 方 創 生 )
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


市議会議員定数削減の議論が進まない

2016/11/14 14:25
 11月14日、市議会代表者会議が開かれました。
 11月定例市議会の日程などについて確認した後で、以前から残されていたいくつかの懸案事項について、協議しました。

 4月から議員報酬が引き上げられたのに伴い、議員定数削減を行うべきではないかという意見が出されています。
 6月議会には市民団体から「議員定数削減を求める陳情」も提出されています。
【参照⇒議員定数削減の議論を開始しましたの記事へのリンク】 

 次回の市議会議員選挙の1年くらい前(つまり来年3〜4月)までに結論を出すことを目標に、代表者会議で話し合いを進めてきていますが、なかなか具体的な進展が見られていません。
 
 この日も、定数をいくつにすべきかという具体的な数字をあげることはなく、今後の話し合いの段取りについて意見を言い合っただけで終わりました。
 一応、来年の2月定例議会で新しい定数を決定することではほぼ一致しています。
 そのためには1月31日に予定されている代表者会議の日までに議案を正式に提出しなければなりません。
 そこから逆算すると、12月議会中に各会派から定数削減案を出し合って、1月には代表者会議で削減する人数を決定しなければなりません。
 代表者会議で一致できない場合には、それぞれ一致できる会派または議員で削減の議案を出して、議会で議論して採決で決定することになります。

 なお、この日に出された各会派の定数削減についての意見は、
新政久喜の井上代表は「構成議員が15名もいるのでいろんな考え方がある」
共産党の杉野代表は「現在の定数(30)で行くか、(34に)増やすべきという意見もある」
というものでした。

 私の所属する市民の政治を進める会は、基本的に定数削減反対の議員もいるので、会派として定数削減人数で合意できるかどうかはわかりません。
 ただし、県内の人口10〜20万人の同規模市の定数の平均は「24」ですから、私の個人的な見解では、現員数の「27」以下には減らすべきではないか、「26」または「25」でいいかなと思っているのですが…。

 新政久喜が人数が多いので決められない、市民の政治を進める会は3人だけれど決められない、共産党は定数削減に反対、公明党は態度を明確にしない…。
 これでは結局、久喜市議会の会館で定数削減を話し合ってもムダということになるのでしょうか。
 いっそのこと、定数削減については、会派に関係なく、議員個人として対応するべきなのかも知れません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


議員定数削減の協議を開始しました

2016/08/30 10:01
 6月議会に、市民団体から議員定数削減の陳情が提出され、会派代表者会議で協議を進めることになっています。
【参照⇒議員定数削減の陳情を審査の記事へのリンク】 

 8月18日に代表者会議を開き、各会派の話し合いの経過を報告しました。
          -----------------------
 【新政・代表 井上】
 新政久喜は15人いるので15通りの考えがある。まとめるには時間がかかる。話し合いは始めている。

 【公明党・代表 岡崎】
 合併時の34名から2年前に1割4名を削減した。34から30に削減したことも考慮に入れながら今後の定数削減を考えるべきだ。

 【共産党・代表 杉野】
 報酬引き上げの際に財政規模を考慮するべきという付帯意見があったが、そういうことを考慮することは考えていない、反対だ。
 すでに議員定数は削減してきており、合併前の市町議会の議員定数からは半減している。これは議員の力も半減している。
 議会と議員の信頼をどう回復するかを問題にすべきで、そうした話をしていけば、適正な規模はおのずから出てくるのではないか。

 【市民の政治を進める会・代表 猪股】 
 会派の中では定数に対する基本的な意見の違いもあり、まだ会派としての意見をまとめていない。
 積極的に削減すべきという意見がある一方で、消極的な意見もある。現数の27程度ならやむを得ないのではないかという意見もある。

 1回目の協議における各会派代表者の話しから明らかになったことは、現段階では、公明党と共産党が定数削減に反対ないしは消極的、新政はこれから話し合いを進めるという状況です。
 今後、代表者会議で時間をかけて協議をしていく予定です。
          -----------------------

 私の所属する市民の政治を進める会は、定数削減に関する基本的な立場に隔たりがあるので、会派の意見をまとめることができるかどうかはわかりません。
 (市民の政治は、会派での勉強会や積極的な意見交換は行いますが、必ずしも所属する議員間で政策や方針の完全一致はしなくてもよいことにしています。
 政党や宗教団体ではありませんから、必ずしも一致しないことがあつのは当然です。
 政策や議案に対する態度は、最終的には各議員の自主性を尊重し、個人の責任で決定します。
 もっとも、久喜市議会ではこれまでどの会派も賛否が分かれることはけっこうあって、会派内で完全に賛否を統一しているのは公明党と共産党だけです。

 猪股は現在の「30名」から「25」か「26」にまで削減するべきという意見です。
 川辺議員は基本的には市民の意見を代弁する議員の定数削減には反対ですが、現状維持では市民の理解を得ることはできないと考えています。久喜市議会の現状は、現数の「27」で議会としても、また各委員会の定数も「6名」か「7名」でその機能を果たしているので、削減する際には現数の「27」が基本になるという意見です。
 田中議員も、菖蒲地区など周辺部から選出される議員が少なくなってしまっており、基本的にはこれ以上減らすべきではないという考えですが、それでは市民の理解が得られないので、ある程度の削減はやむを得ないという意見です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久喜駅西口・クッキープラザ5階に期日前投票所があります

2016/07/06 17:30
 今度の日曜日の10日は、もう参議院議員選挙の投票日です。
 今回の選挙から、久喜駅前とモラージュ菖蒲に初めて期日前投票所が設置されました。
 【参照⇒期日前投票所を設置が決定の記事へのリンク】
 夜の9時まで投票可能ですから、通勤や通学の帰りとか、買い物のついでに投票することもできるようになりました。
 しかし残念ながら、有権者の皆さんにあまり周知されているとは言えないで、これらの投票所に訪れる人が多くはないようです。
 これは、久喜駅西口・クッキープラザビルの5階の期日前投票所(入り口)です。
画像

 7月1日の段階では、久喜駅西口のデッキからクッキープラザのエレベータ前まで、こんな感じ…。
 この旗では、クッキープラザ5階に期日前投票所があるのだということが伝わりません。
画像
画像
画像

 投票所にいた担当職員に、もう少しわかりやすい案内を工夫してみたらどうかとお話ししてきました。
               ---------------

 今日(6日)、見に行ってみたら、かなり改善されていました。
画像
画像
画像

 しかし、駅から階段やエスカレーターを下りて広場に出た人がまわりを見回した時に、ビルの5階に期日前投票所があることがすぐにはわからないのです。
 たとえば、広場にあるこのポスター掲示場の脇にでも、立て看板を立てるとか、東口にもほしいところです。
画像

 投票日まであと4日しかありませんが、次の選挙へ向けた課題となりそうです。 
【久喜市のホームページ/期日前投票所】
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


宮代町議選、加納好子さんの応援に行ってきた

2016/02/05 22:51
画像
 隣の宮代町で町議会議員選挙が行われています。
 今日(5日)、加納好子さんの応援に行ってきました。
 加納さんは4期16年間、議員として活動してきて、その間、町長選挙にも2回立候補しています。
 私はずっと、久喜宮代衛生組合議会でごいっしょしています。
 また市民派議員の集まりである、埼玉東部地区地方政治改革ネットや自治体議員政策情報センターでいっしょに勉強しています。
 私は『声と眼』を毎月2回、駅頭や地域などで約5000枚を配布していますが、加納さんは毎月『視点』という議会と町政の情報紙を、町内1万世帯に自分で手配りでポスティングしていて、このエネルギーには私も脱帽です。

 加納さんの選挙運動は、街の角角に立ってひたすら街頭演説をしてまわる、自分の考え方を訴えて、町民に聞いてもらって判断してほしいという、私の運動スタイルと同じです。
 残念ながら、他の候補者はほとんど宣伝カーにも乗っていないで、演説している候補者をこの日はまったく見かけませんでした。

 今日は、午後1時頃から4時半くらいまでずっと宣伝カーに同乗して、まちの中をアナウンスしてまわりました。
⇒加納好子さんのブログへのリンク
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


吉川市議選で市民派議員の応援に行ってきました

2016/01/18 18:25
画像
 昨日の1月17日に、吉川市議会議員選挙が告示され、3期目の立候補になる稲垣茂行さんの応援に行ってきました。
 議席20名の定数に、現職議員が18名と新人11名の29人が立候補しています。
 稲垣さんは無所属・市民派で、埼玉県東部地区地方政治改革ネットや自治体議員政策情報センター虹とみどりなどの地方議員の勉強会でごいっしょしています。
 今日は朝から大雪で、吉川市内の稲垣さんの選挙事務所に9時くらいに付くつもりでずいぶん余裕を持って家を出たのですが、久喜駅に着くまでに一苦労、東武線と武蔵野線を乗り継いで吉川駅に着くまでに2時間もかかってしまいました。
 稲垣さんはこの雪の中でも吉川駅頭で朝立ちで通勤者へのあいさつをしてきたそうで、雪が雨に変わった9時半くらいから、私も候補者といっしょに選挙カーに乗って市内を一巡しました。
 ほとんど稲垣さんがマイクを握り、私もときどき交替しながらアナウンスしてまわりました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


20〜30歳代の超低投票率! どうしたらいい

2015/04/27 21:59
 国政選挙でも、市長選挙、市議会議員選挙でも、久喜市の投票率が50%そこそこだという現実がある。
 さらに年代別で調べてみると、20歳代の投票率は何と、わずか30%にすぎない。

 60歳代がいちばん高くて、投票率70%近くに上っているが、年代が若くなるほど投票率が急激に低くなる。
 30歳代では35%、20歳代では30%で、それらの世代では約3分の1の人しか選挙に行かない、ということは、若者たちが3人いたらその内の2人は投票していないということだ。

     投票率を引き上げるにはどうしたらいいのか

 私自身は26歳から議員をしていて、比較的若い人たちの声や、従来の慣習にとらわれない新しい感性を市議会に持ち込んできたと自負している。

 しかしそれでも今、政治に、有権者である現在の若い世代の感性が、投票行動によって反映されないでいるとしたら、これでは政治がよくなるわけがない。
 将来への希望を切り拓くことなどできないのはあたりまえだと思えてくる。

 第1には、若い人たちの投票率が低いのは、もちろん、市政や市議会、議員の側にも大いに問題がある。
 議員が、政治と選挙をもっと身近なものにする努力をしていくのは、一義的には議員の責任であることは言うまでもない。
 市政や議会で何が行われているか、それが市民の生活、なかんずく若い世代の生活や未来にどう関わっているのかということを、きちんと市民に説明できていない、アピールできていないことが、政治への関心を失わせる最も大きな原因であることは確かである。

 市民から批判的に言われることは、「議員は自分たちに都合のよいことしか言わない」「自分の宣伝ばかりしていて、信用できない」ということだ。
 私たち議員が、市政や議会のいいことも悪いことも、市民にちゃんと説明していくことが何よりも大切であると考える。

 第2にはもう一つは、どうやったら投票率が向上するか、投票しやすい制度や条件が整備されていないということも確かであろう。
 政治に関心がないといわれるが、むしろそれは、休みのには用事がある、忙しい、ゆっくり休んでいたい、遊びに行きたいのに、わざわざ投票所に行ってまで選挙権を行使しようと思わないといった方がよいと思う。

 それでは、もっと気軽に、気楽に、何かのついでに投票できる仕組みを整えたらどうか。
 「期日前投票」という制度は、投票日に何かしらの用事がある、忙しいなどの理由があれば、投票日前でも、気軽に投票することができることになっている。
 久喜市では、期日前投票をしたい場合、わざわざ市役所まで行かなければならないのだが、最近では期日前投票所を増設する自治体が増えている。
 たとえば、ショッピングセンター、駅のコンコース、特に学生の有権者の投票を促進するために、大学の構内に期日前投票所を設置している自治体も多い。

 久喜市でも、モラージュやアリオなどのショッピングモール、さらに市内のすべての駅前や駅の構内に期日前投票所を設けてはどうだろう。
 買い物に行った時や通勤・通学の行き帰りに、気軽に投票することができるのではないか。
 また、各公民館やふれあいセンターにも設置してはどうだろう。
 選挙管理委員会と久喜市が、本当に投票率を上げる必要があると考えているのなら、予算を使って、投票しやすいような条件整備を進めるべきだろう。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


議員が選挙カンパを持っていくのもダメ!?

2015/04/08 09:31
 公職選挙法199条の2にはこう規定されている。

 第百九十九条の二 (公職の候補者等の寄附の禁止) 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区内にある者に対し、いかなる名義をもつてするを問わず、寄附をしてはならない。

 言うまでもなく、私たち議員は、自分の選挙区、私の場合で言えば久喜市内において、いかなる寄付行為も禁止されている。

 たとえば、祭りの寄付や差し入れ、町内や団体の集会や催し物への寸志・差し入れ、運動会やスポーツ大会への寄付や飲食物の差し入れ、お中元やお歳暮、葬式の花輪、落成式や開店祝い、病気見舞いも禁止の対象になっている。
 こんなことは常識だと思っていたが、久喜市内でもいまだに地元の団体の集まりに差し入れを持っていくなど平気でやっている議員もいるらしい。
 そうした行為をした議員が、次の選挙に立候補した場合、公職選挙法の「寄付行為の禁止」の違反に問われるおそれがあることを、教えてあげないといけない。

【参照】⇒久喜市のホームページ 

 実は私は、選挙の時のいわゆる「陣中見舞い」、選挙資金のカンパはこれには含まれないと思い込んでいた。

 実際、かなり昔の話だが、市議選に最初に立候補した頃に、国会議員や県議会議員から「陣中見舞い」と書かれた袋に入ったお金をいただいたことがあった。
 最近でも他の議員との話の中で、国会議員や県議会議員から陣中見舞いが届いたり、逆に陣中見舞いを持っていったりする、おつきあいがたいへんなんだ、というような話も聞いていた。

 またこれらの陣中見舞いは、選挙後に選管に提出する選挙収支報告書に、「寄付金」として明記することが義務づけられているので、「選挙区内の住民や団体への寄付」の例外として認められていて、この収支報告書にきちんと記載すればよいと思い込んでもいた。

 今回の県議選でも、「がんばってほしい」という気持ちを込めてある候補者の選挙事務所にカンパを持っていこうとして、ふと気になって市役所の選挙管理委員会に問い合わせてみたのだが、事務局長は県の選管にも確認した上で、「選挙の陣中見舞いも禁止されています」という回答であった。

 私たち久喜市議会議員が、地元=市内の県議候補の事務所に「陣中見舞い」を持っていくのも、逆に、久喜市議選に際して、久喜市選出の県議会議員が市議選候補者に「陣中見舞い」を持っていくのも、すべて公職選挙法に違反ということになる。

 私はこれまで自分の選挙も含めて実にたくさんの選挙に係わってきたから、公職選挙法にはある程度精通していると自負していたのだが、今さらながら、思い込みの怖さを痛感するとともに、恥ずかしい思いもしている。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


県議会議員選挙で何が問われているか

2015/04/05 12:14
 4月3日に県議会議員選挙が告示され、投票日は12日である。

 久喜市選挙区は、前回までは久喜地区(旧久喜市)、鷲宮・栗橋地区、菖蒲地区(+白岡・宮代)がそれぞれ定数1の選挙区に分かれていたのだが、今回から久喜市で定数2となったので、現職2名に対し新人3人、合わせて5名が立候補して、激しい選挙戦になっている。

 私は合併前の久喜市議会から、石川さんといっしょに会派を組んだりして、議会改革を進めてきていたから、5人の候補者の中では政策的にもいちばん近く、応援する立場にいるのだけれど、それでも思いは複雑である。

 それは、今年の2月定例市議会で、「原発再稼働を中止することを求める意見書」に石川さんが“反対”してしまっていたことが、どうしても心に引っかかっている。

 この意見書案は共産党が提案し、市民の政治を進める会(猪股・川辺)と、無会派の田中議員が賛成したが、新政久喜と公明党が反対して否決された。
 石川さんを含めて新政久喜の16名(議長と当日欠席していた山田議員を除く)と公明党の5名は、『原発再稼働に賛成』ということになるのだが、私としてはどうしてもこれは認められない。

 もっとも他の候補者も、現職の2人は自民党公認、もう1人の新人候補者の梅田さんも意見書に反対=『原発再稼働に賛成』であるから、同じことではある。
 (もう1人の新人候補者・吉田氏のことはよくわからない)。

 今回の埼玉県議会議員選挙の最大の争点は、県議会における自民党絶対多数による1党支配を突き崩せるかどうか、また、政務活動費の使い方や開かれた議会の実現、議会活性化などの県議会改革をどれだけ進められるかにあることは間違いない。
 そのためには、石川さんも加わっている政治団体「せんたく」がどれだけ伸びるかにかかっているといえよう。

 加須市や久喜市も含めて、「せんたく」の候補者の多くは自民党の現職候補者と競り合っているといわれているから、その意味でも石川さんにはぜひがんばってもらいたいと考えている。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


議会優先か、選挙優先か

2014/11/27 14:17
 11月市議会での一般質問は25人です。

2日 (1)青木 (2)梅田 (3)平澤 (4)平間 (5)岡崎
3日 (6)斉藤 (7)丹野 (8)春山 (9)石川 (10)田中 (11)園部 (12)宮崎
4日 (13)貴志 (14)石田 (15)並木 (16)鈴木 (17)杉野 (18)戸ヶ崎 (19)矢崎
8日 (20)新井 (21)成田 (22)川辺 (23)渡辺 (24)猪股 (25)大谷

 20日の議会運営委員会で共産党の渡辺議員から、『2日は総選挙告示日と重なっているので、日程を調整できないか』と申し出がありました。
しかし政党所属の議員が選挙運動で忙しいからといって、市議会の日程を変更するのはスジが通りません。
自治体議員であれば議会審議を優先するのがあたりまえではないでしょうか。

 その場は、実際の一般質問通告の締め切り日が21日なので、その状況を見てから判断しようということになりました。

 27日の会議冒頭に議運を開いて協議したのですが、結果的に、一般質問の通告の状況を見ると、2日の希望者が5人と少なかったのと、新政久喜の議員からも、『開会時間を午後からにずらしていただきたい』という意見が出て、この日だけ特別に午後1時から開会することになりました。

 午後から開会して5人の質問を受けるとなると、夜に食い込んでしまう恐れもあるので、私はもう少し早く開会した方がいいのではないかと言ったのですが…。

 2日の通告者が少なかったというのは、結局、他の議員も選挙優先(?)で告示日の質問を避けたということのようです。
記事へ驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
久喜市に対して市民監査請求が出された
久喜市で住民監査請求  18日の朝日新聞埼玉版に、久喜市で住民監査請求が提出されたという記事が掲載された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/20 18:15
新しい議会の議長選挙、役職配分はどうなるか
 市議会議員選挙後、3週間がたちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 14:55
街頭演説7日間で207か所
街頭演説7日間で207か所  4月19日、選挙運動は終わりました。  13日からの選挙運動期間中、候補者カーで市内を回りました。  多くの候補者が連呼連呼で名前だけを叫んで歩いていたようですが、私はできるだけ連呼はしないで、街頭演説を行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 21:26
17日、朝の駅頭あいさつと街頭演説29か所
17日、朝の駅頭あいさつと街頭演説29か所 4月17日、久喜駅東口に朝5時40分頃に到着しました。 すでに井上さんが来ていて、私の後に、川辺さん、宮崎さん、石川さんらが来て、全部で6人くらいが並びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/17 19:45
選挙運動用ビラ
 4月16日、朝は久喜駅西口の北側階段に立ちました。  今日は、6時前に猪股、川辺さん、その後に共産党の平間さん、7時くらいに岸さん、春山さんが並びました。  その間、現職市長の応援部隊の女性が3人来て、候補者名と顔写真の入った「選挙運動用ビラ」の配布を始めたのでちょっとビックリしました。  というのは、このビラは、公職選挙法142条6と施行令109条の6によって、新聞折り込みの他、選挙事務所内、個人演説会場の中か街頭演説の場所においてしか配布できないことになっているのです。  にもかか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/16 21:13
街頭演説1日で28か所
街頭演説1日で28か所  今日は市議会議員選挙の2日目です。  朝の久喜駅東口は、私を含めて6名の候補者が通勤者への挨拶に立ちました。  その後、候補者宣伝カーで市内を回りながら支持を訴えて歩きました。  私はこれまでの選挙運動と同じく、街頭演説中心で、今日1日で28か所で演説しました。  昨日は午後からだけで15か所でしたが、この調子でいけば、7日間で200か所の目標は達成することができそうです。  もっとも、私の場合、これもいつものことながら“ウグイス嬢”(という言い方もかなり差別的だと思うが)がいないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/14 19:19
投票所で、退場時にもスロープを使おう
 有権者の方から次のような問い合わせをいただきました。  今は各投票所にスロープが設置されていて、体の不自由な方、杖をついていたり、車いすやシルバーカーを利用している方も、階段を使わないですむようになりました。  しかし、学校のスロープのない体育館などには、入り口側には長い板を渡してそこをのぼるようになっているのですが、出口側には設置してないことが多いのです。  以前の選挙の時に、投票を終えてから出口の階段を下りようとしたのだけれどとても怖かったというのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/09 11:12

トップへ | みんなの「選挙」ブログ

言いたいことがある 選挙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる