アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「久喜市」のブログ記事

みんなの「久喜市」ブログ


総選挙で“二重投票”はこうして防がれた

2017/11/11 08:28
 10月22日は衆議院総選挙の投票日でした。
 最近は、投票率アップのために、選挙管理委員会で期日前投票所を積極的に活用するよう啓発活動も行っています。
 久喜市でも市役所や総合支所の他、菖蒲モラージュ、久喜駅西口前のクッキープラザでも、告示日の翌日から投票日前日まで期日前投票所が設置されました。
 私も投票日当日は東京で開かれる勉強会に参加する予定だったので、前日の21日に市役所4階の期日前投票所で投票を済ませました。

 今回、期日前投票に絡んで、たいへん珍しい“事件”があったことを後で知りました。
 期日前投票を行ってすでに投票を済ませた有権者が、投票日当日にも住所地の投票所に訪れて、“二重投票”をしようとしたというのです。

 普通だったら、選挙が告示になってすぐに入場券が郵送されてくるのですが、今回は突然の国会解散で、選挙管理委員会でもほとんど事前に準備ができませんでした。
 それで、投票所入場券は告示から1週間後くらいにようやく郵送されてくることになりました。
 選挙管理委員会では、告示日に全市にチラシを配布して、「入場券の郵送が遅れることと、入場券がなくても期日前投票はできること」を市民にお知らせし、そのチラシの裏面に「期日前投票の宣誓書」を付けたのでした。

 したがって、告示日の翌日から、投票所入場券を持たずに期日前投票所を訪れて投票を行った有権者もたくさんいらっしゃいました。
 ところが、そうして期日前投票を済ませた有権者の1人が、22日の投票日に自分の住所地の投票所に来て、その後に送られてきた入場券を見せて、『まだ投票をしていないから、投票したい』と申し出たというのです。
 当然、投票所の職員は、有権者名簿をチェックしたところ、その方はすでに投票を済ませていたことがわかったし、ご本人の自筆の署名による宣誓書もあったのでお断りしたのですが、ご当人はあくまでも『期日前投票をした覚えはない』と言い張ったので、やむをえず“仮投票”という手続きを取ったのだそうです。

 “仮投票”というのは、一応投票は受け付けるのですが、“仮投票用の封筒”に入れて投票箱に投函してもらい、開票の際に選挙長があらためて、封筒を開けてその投票用紙を集計に入れるかどうかを判断する仕組みです。

 さて今回の開票作業2際して、その“仮投票”の扱いをどうするか、開票立会人で協議した結果、その投票用紙は“不受理”ということで集計には含めない(封筒を開封しない)ことになりました。

 したがって、今回の総選挙の久喜市における小選挙区の開票結果の数字は次のようになっています。
 投票者総数 39,742  不受理 1  投票総数 39,741

 その方が、自分がすでに期日前投票を行った事実を本当に忘れてしまっていたのか、まさか意図的にとぼけて二重投票をしようとしたのではないだろうと思いますが、このような二重投票を防ぐための“仮投票”という手続きがあることを、私も初めて知りました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


原発のごみの最終処分場をどこが引き受けるか

2017/10/29 18:43
 経産省 資源エネルギー庁のホームページで、「科学的特性マップ」なるものを公表している。
 放射性廃棄物の最終処分地の選定を目的として、日本国内のどこに最終処分地を作れるか、どこかの自治体に地層処分を引き受けさせるための広報活動である。

 原子力発電に伴って発生し続ける「高レベル放射性廃棄物」は、どんなに甘いアメ(補助金)を付けてもどこも引き受け手のない、究極のごみであるが、その処分地をどこかに作らなければならないことは誰にもわかっている。

 全国どこの自治体も引き受けないだろうということも最初から承知の上で、それでも最終処分地を探さなければならない、いや実は、政府も東電をはじめとする原発事業者たちも探しているふりをしているだけなのではないか。

 最終処分地を探さなければ、それぞれの原発敷地内にたまり続ける核のごみを、それぞれの原発敷地内かその周辺に半永久的に(実は永久に)、保管し続けなければならないことになる。

 誰もどこの自治体も受け入れないだろうとわかっていても、それでもせめて探しているふりをし続けなければならない。
 なぜなら、今現に、原発が立地している自治体は、日々、その原発から発生し続ける核のごみがたまり続けていって、今その場所が実質的な最終処分地になってしまうことを容認するはずはないのだから。

 それで「科学的特性マップ」なるものを発表して、火山とか活断層とかの一部の地域はダメだけれども、それ以外の全国多くの自治体で、高レベル放射性廃棄物の最終処分地を造ることができると、今さらながらPRを始めたわけだ。

 ⇒「科学的特性マップ」へのリンク

 この科学的特性マップなるものによると、埼玉はほとんどが、「好ましい特性が確認できる可能性が相対的に高い地域」に位置づけられている。

 そして、全国各都道府県で、個人や自治体関係者を集めて意見交換会を開催するのだそうだ。
 ⇒意見交換会の日程表へのリンク

 すでに7月18日、世耕経済産業大臣から全ての自治体の首長宛てに経緯や趣旨などについて書簡を送付したのだという。
 ⇒市区町村長宛ての書簡(PDF形式:140KB)

 すでに東京や栃木、群馬、静岡、愛知では実施して、埼玉県は11月6日に開く予定になっている。

 ⇒埼玉会場の開催要項と参加申込書

 なお、資源エネルギー庁の役人に聞いたところ、どこの自治体が参加したかは「公表できない」と言っていた。

 私もぜひ参加したいと思ったのだが、残念ながら、その日は別の予定が入っていて行けそうもない。

 まさか、久喜市行政の人が参加することはあるまいと思って、当局に問い合わせたのだが、企画政策課長も環境課長も知らないという。
 埼玉でそんな意見交換会が開かれることも知らない、経産大臣から全市町村長に出したという呼びかけ状が来ていることも知らない、見た覚えもないというのはどうしたわけか。

 しかし、改めて考えてみたのだが、核のごみはこれまで何十年にもわたって、日本人のほとんど全員、私たち自身が生み出してきたものだ。
 とすると、埼玉に処分場など造らせない、反対だと言って済ませられるものでもないのかも知れない。
 以前、東京に原発をと言う映画を、多くの人が見たと思う。
 その原発の後始末としては、首都圏に核のごみの最終処分場を造るという可能性も、議論してみなければならないのではないか。
 もちろん、政府も国会も、首都圏のどこの自治体も住民も、絶対に受け入れることはないであろうが…。

 それにしても、核のごみをこれ以上は生み出させないためには、今ある原発を、即時全面的に廃炉にしなければならないことは、誰が考えてもわかりきっていることではないか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


久喜駅西口の期日前投票所は“盛況”です

2017/10/20 17:08
 久喜駅西口のクッキープラザ5階に、期日前投票所が開設されています。
 5階フロアのいちばん奥の方にあるのですが、エレベータを降りると目の前に看板があって迷うことはないでしょう。
 私が見に行ったときにも、有権者の方々が途切れることなく、投票所に入っていっていました。
画像

画像

画像


 この投票所は昨年の参院選の時に初めて設置されました。
 選管では当初はモラージュにだけ設置する予定でしたが、駅前投票所の設置を何度も強く要求して、やっと実現しました。
【参照⇒2016年3月の記事へのリンク】
【参照⇒2016年7月の記事へのリンク】
 さらに駅前広場にわかりやすい案内看板を立てるよう求めて、今回は西口広場だけでなく、東口広場にも看板が立てられて、市民への周知もうまくいっているようです。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「市民の森緑の公園」構想固まる

2017/10/19 17:17
 10月13日、市民の森緑の公園検討委員会が開かれ、基本計画案が承認されました。
 公園の上(北)に清久工業団地と清久公園があり、右側(東)に久喜菖蒲工業団地があります。
 この鳥瞰図で、だいたいのイメージがつかめるでしょうか。(それぞれの図はクリックで大きくなります)。
画像

【配置図】
画像

 整備費用は、当局は大まかに総額31億円と見込んでいて、その内の3分の1を国からの社会資本整備交付金でまかない、残りを久喜市で負担することになりますが、市ではこれまでに公園整備基金として11億円を積み立てています。

 私が最も関心があるもののひとつが、配置図の右下に位置する「冒険遊びの広場」です。
 説明によると、「多様なフィールドアスレチック遊具を配置し、集客の柱のひとつとなる子どもたちの遊びの広場を整備します。」と書かれていて、フィールドアスレチックやツリーハウスの写真が掲載されています。

 最近、各地で「冒険遊び場」づくりが進んでいて、埼玉では草加市にも常設の冒険遊び場が開設されました。
 久喜市では、総合運動公園で月1回、冒険遊び場を開設している市民のグループがあって、私も何回か混ぜてもらいにいっています。
 この場合、本来の「冒険遊び場」というのは、管理された既設の遊具を使ったフィールドアスレチックではなくて、基本的には子どもたちが自分たちで遊びを作り出して楽しむ場と位置づけられています。

 しかし久喜市の市民の森緑の公園で計画している「冒険遊びの広場」は、どうも市民グループによる自主的な遊びの創造の場としての「冒険遊び場」とはイメージが違うようです。
 市の考え方やグループの人たちの受け止め方を聞いてみたいと思います。

 もう一つの問題は、この公園へのアクセスがたいへん不便なことで、公共交通(バス)は通っていませんから、ほとんどはマイカーで行くことになります。
 清久や除堀方面を通っている市内循環バスの路線変更をする必要がありますが、それにしても本数が少ないので、やっぱり車で行くしかない?
 
【整備スケジュール】
画像

【供用開始後の森づくり】
画像

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「久喜市」ブログ

言いたいことがある 久喜市のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる