市長の「所信表明」のホームページの作り方

久喜市のホームページのトップページ、新着情報に「所信表明について」がアップされた。
そもそも、「所信表明について」というのは見出しだろうか。
画像

で、これをクリックすると、下のページへ飛んで、「所信表明」を読むことができるのだが、何だかページの作り方が「変」だ。
画像

【参照⇒「所信表明について」へのリンク】
このページに載っているのは「所信表明」の本文だけで、どこにも、「所信表明」の説明がないのだ。
そもそも「所信表明」とは何なのか、だれがいつどこで行ったのかを、書かなければだめでしょう。
普通は、「6月8日に市議会の定例会が開かれて、その冒頭に、梅田新市長が所信表明を行いました。その全文を掲載します」というような説明を付けるものではないか。
ついでに言えば、この所信表明を行った主体である、梅田新市長の名前がどこにも載っていないというのも「変」ではないか。
久喜市のホームページ全体について言えることだが、市民が読んですぐにその意味を理解できるような親切さ、ていねいさに欠けると思う。

さらについでに書いておけば、
今日の市議会本会議には、市長の所信表明を聞くために、50人以上の市民が集まって、本会議場の傍聴席は満員になって、入りきれない市民は別室で実況中継を見たのだった。
これは市政の大切なニュースなのだからして、「たくさんの市民の皆さんが傍聴に訪れて、市長の所信表明を聞きました」という事実くらいは書いてもいいのではないか。