「言いたいことがある」 久喜市議会議員/猪股和雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 新ごみ処理施設の余熱利用施設の見直しの行方

<<   作成日時 : 2018/07/15 15:51   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 市は、新ごみ処理施設を久喜菖蒲工業団地隣の菖蒲地区に建設する計画です。
 これまでに「ごみ処理基本計画」(2016年)、生ごみ資源化検討(2016年)、「ごみ処理施設整備基本構想」(2017年)、分別に関する市民アンケート(2017年)と進んできて、今年から「ごみ処理施設整備基本計画」「生活環境影響調査(環境アセスメント)に取りかかる予定です。
 新ごみ処理施設の稼働は2023年を予定していますが、久喜市でいちばん古い久喜宮代清掃センター1号炉が1975年の稼働でいつ壊れてもおかしくない炉の状態ですから、もうぎりぎりで一刻の猶予もない計画スケジュールです。

 ところで、「ごみ処理施設整備基本計画」には付帯施設として、「余熱利用施設」の検討が明記されています。
 田中前市長は選挙公約として、選挙公報に「最新鋭のごみ処理施設と、その余熱を利用した健康増進施設(歩くプール・浴場・トレーニング室等)を整備します!」と明記していました。

 それに対して、梅田新市長は選挙のチラシの中で、鷲宮や菖蒲に温水プールがあるのに、新たな施設は必要かと疑問を投げかけ、全国のごみ処理施設に併設の温浴施設は赤字と指摘、「温浴施設の運営には多額の費用がかかります。赤字はまた増税でまかなうのでしょうか」と批判していました。

 この付帯施設についてはこれから策定する「ごみ処理施設整備基本計画」の中で検討することになっていますが、新市長は、ごみ処理施設に併設する余熱利用施設と公園の一体整備を進めるにあたり、魅力ある集客施設をめざすために、市職員のプロジェクトチームを設置したことを明らかにしました。
 来年8月までに検討結果をまとめて、11月にパブリックコメント、2020年2月に「集客施設基本的方針」を決定するとしています。

 新市長の選挙公約は、「温水プールなどの余熱利用施設は必要ないので、作らない」と理解していたのですが、これまでの計画の見直しによって「魅力ある集客施設」をめざすのだとすると、それは、魅力ある余熱利用施設を「作る」ことになるのでしょうか。

 こうした素朴な疑問に対して、市長は、『単なる余熱利用のプールなどを作ればいいということではなくて、作るなら公園と一体で市内外から人を集められるものとしなければならない』『単に赤字・黒字で判断するのではなくて、既設の温水プールなどのアセットマネジメント(統廃合)と合わせて考えていく』と説明しています。
 さらに、プロジェクトチームは、余熱利用施設を「作る」ことを前提として検討するのではなくて、作るか作らないかも含めて検討するのだとしています。

 実は、私は最初にこのプロジェクトチームで検討するのだという説明を受けた時、もしかしたら、余熱利用施設の建設に否定的な公約をしていた新市長に対して、余熱利用施設の計画をを続けたい行政組織が「まきかえし」に出て、新市長を説得にかかっているのではないかと疑ったのですが、まさかそんなことはない・・・かな?

 またこの見直しによって、2021年に着工、23年竣工・稼働の予定で進めているごみ処理施設の建設計画(スケジュール)には影響はないと言っています。
 しかし、ごみ処理施設整備基本計画は2019年に策定完了の予定ですが、それまでに余熱利用の施設を併設するかどうか、どのような施設になるのかの結論が出ないとすれば、計画やその後の設計に影響が出ることになるのではないでしょうか。

 7月10日の全員協議会の説明では、こうした疑問について明確な見解は示されませんでしたが、今後の議会で議論されていくことになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた
新ごみ処理施設の余熱利用施設の見直しの行方 「言いたいことがある」 久喜市議会議員/猪股和雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる