「言いたいことがある」 久喜市議会議員/猪股和雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 「令和」からの連想・・・

<<   作成日時 : 2019/04/01 14:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

(1)
「令」
さっそくグーグルで検索してみると、
 命じる いいつけ 「令状」「命令」
 きまり おきて 「訓令」「法令」
 おさ 長官 「県令」
などとなっていて、やっと次に、
 よい りっぱな 「令色」「令名」
 他人の親族に対する敬称 「令室」「令嬢」
という意味が出てきた。

(2)
安倍の言う、
 「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」は、どこからもってきたのだろう。
 出典は、万葉集の「初春令月 気淑風和」から2文字を取ったと書いてあったが、そうするとこれは、「地平天成」「内平外成」のような社会や政治のあり方ではなくて、美しい日本の情景を表す元号ということか。
 万葉仮名で、「令月風和」はどう書いてあるのだろうか、興味はある。

 ただ、違和感が残るのは、中国の古典を排し、「国書である万葉集」から取ったというのだが、それにもかかわらず「やまとことば」「和語」でなく、どうして「令月」という漢語から借りてきたのかということだ。
 万葉仮名で表した「和語」を元号にあてるならともかく、これで古代からの日本語を大切にしたことになるのか。

 逆に、元号という伝統を引き継いだように見せながら、いきなり「国書」に出典を求めたことで、過去247の元号の伝統を無視してしまったのは皮肉でないか。

 それでも、使っている内になじんで慣れてくるかも知れぬ。
 もっとも、私は今までも、できるだけ元号は使わないようにしていますけどね。

(3)
 ところで、久喜市は平成22年に合併し、「総合振興計画の期間は、平成25年度から平成34年度までの10年間」となっている。
 これくらいだったら、「総合振興計画の期間は、平成25年度から令和4年度までの10年間」と換算できなくはない。
 これ以降、昭和、平成、令和を合わせ使う場合、西暦と換算して計算することになるだろうが、スムーズに話が通じるだろうか。

(4)
 「美しい国 日本」を引くまでもなく、安倍は「美しい」という言葉が大好きらしい。
 しかしその安倍が、沖縄の人々の心と大地と美ら海を、破壊し続けていながら、その同じ口で、「美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」などと、何枚目の舌がしゃべっているのか。

【追記】 
 いろいろな解説が出てきて、「令月」という単語・名詞があったのを知った。
 何事をするにも良い月、めでたい月、陰暦2月の異称とある。
 そうだとしたら、「令月」を分解して、良い月の「良い」を借りてきたわけだが、一つの単語をこんな風に分解して他の漢字と組み合わせたら、元の「令月」の意味はなくなってしまうのではないか。
 かなり無理があると思うのだが・・・、まあ、「良い」という意味は残るから、それでもいいのかなあ。

 万葉集に、「令月」「風和」が万葉仮名で書かれているのかと思ったら、そうではなかった。
 「初春令月 気淑風和 ・・・」という漢詩だったのですね。
 本来の日本語としての和語ではなくて、日本人が作った漢詩から引用した単語から1字ずつを取って「令和」とした・・・。
 万葉時代の日本人にとって、漢詩は高級な外来文化であったわけだが、それを元にして元号を作るのでは、漢籍をもとにしたのとそう変わらないのではないか。
 また万葉集のその漢詩にはさらに、中国の「文選」に「仲春令月 時和気清」という原典があったとすると、これで歴史上初めて「国書」から取ったことになるのか。
 安倍が何をしたかったのか、わけがわからなくなった。
 もっともこの人は、印象操作と強引な決めつけ、権力政治だけで政局を乗り切ってきた方だから、中身はどうでもいいのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
「令和」からの連想・・・ 「言いたいことがある」 久喜市議会議員/猪股和雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる