小中学校の全面休校、久喜市の対応は

 新型コロナウイルス対策で、安倍首相が3月2日から全国の小中高等学校、特別支援学校の休校を要請した。
 27日の夕方6時半の唐突な発表であり、各行政は個別のきめ細かな対応策を検討する余裕もない、極めて乱暴な発表の仕方ではあった。

 久喜市議会は、28日が一般質問であったが、朝9時の開会直後にいったん休憩して代表者会議を開き、教育委員会の対応策の説明を受けた。
 教育委員会では朝の7時半から緊急に臨時教育委員会を開催して、決定したことは以下の通りである。
1.3月2日から26日まで市内小中学校を臨時休校とする。
 ただし、2日は授業は行わないが、休業中の指導のため、児童生徒を登校させる。
 児童生徒は「家庭学習」とし、教職員が必要に応じて健康状態等を確認する。
2.教職員は通常勤務とする。
3.保護者には28日中に、協力依頼の文書を配布する。
4.学童保育を実施するがその時間等、また低学年の児童を学校で過ごさせる等の柔軟な対応について、検討する。
5.卒業式は規模を縮小し、児童生徒と教職員だけで実施する。

 なおこれと別に石川県議の情報では、埼玉県では県立特別支援学校は休校の対象ではないということなので、久喜特別支援学校も休校措置にはならないと思われる。

 議会閉会後、5時過ぎから再度、代表者会議が開かれて、保育所などの対応が説明された。
 子ども・未来部長の説明によると、
1.公立保育所および私立保育所は、引き続き開所する。
2.学童保育は終日実施するよう、指定管理者に要請した。
3.保育園は市立・私立ともに引き続き開所する。

 私は、学童保育所を、夏休み中と同様に、通常の学童保育の児童以外にも希望者は受け入れるように求め、執行部もその方向であると説明があった。
 3月2日から、朝8時半から受け入れるよう調整しているということなので、一応は安心できた。
 指導員の配置など、詳しい体制や手続きは、今日のところはまだ発表されていないが、大きな方針としては理解できる。

 議会としては、3月3日(火)午後1時半から全員協議会を開催して、その後の検討経過と対応について説明を受けることになった。

 今後、以下について検討して実施するよう求めたい。
(1)学童保育を夏休みと同様に朝から実施して、希望する子どもたちをできるだけ幅広く受入ができるのか、手続きなどについてもどうなるか。
(2)学校は授業は行わないとしても、夏休み中の“サマースクール”と同様に、希望する子どもたちを受け入れるよう求めたい。
(3)保育園は通常通りに継続して実施するのは当然である。

 埼玉県東北部、久喜市周辺地域では今のところ表向き、感染者情報は伝えられていないので、以下について柔軟に対応していいのではないか。
(1)小学校の高学年や中学校でも、希望する児童生徒を受け入れていいのではないか。
(2)中学校の部活を中止する意味はあるのだろうか、継続してもいいのではないか。
 危機感が欠如していると批判されるだろうか、検討すべきだと考えているが、いかがだろうか。
 保護者らは、小中学校の突然の休校決定で、子どもたちの安全の確保のためにどうしたらよいか、戸惑いが拡がっている。
 できるだけ多くの子どもたちが、学校を含め、安心して過ごせる場所を確保できるように配慮していかなければなるまい。

 私の基本的認識では、これまで新型コロナウイルス感染症は、インフルエンザなどと違って、学校や子どもたちの間に集団感染が起こったり、流行の中心となっているわけでもなく、ましてや感染源となっているわけではない。
 したがって、学校を休校にしても社会的流行の防波堤になるとは言えないので、いっせい休校措置が果たして意味があることなのか、大いに疑問を持っている。
 いっせい休校によって、子どもたちの生活、家庭の生活が破壊されないようにこそ、最大限の配慮をするべきである。

学童.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2020年04月03日 06:12
こんにちは。いのまたさんの活動を友人に教えてもらい、初めてこちらのブログにたどり着きました。部活動も中止がいいのか、続けてもいいのか、判断は難しいものですが、検討すべきことでした。が、今、問題にすべきことはオンライン授業の導入です。一刻も早く準備を進めないとなりません。ぜひ頑張ってください。